トップページ

今日の一言

瞑想会スケジュール

なぜ瞑想すると悩みが消えるの?

ヴィパッサナーってどんな瞑想?

ヴィパッサナー瞑想の理論

ヴィパッサナー瞑想の簡単なやり方

ヴィパッサナー瞑想ができる場所はココ

ヴィパッサナー瞑想の日常体験記

ヴィパッサナー瞑想のリトリート体験記

瞑想エッセイ

仏教法話の翻訳

所長紹介

月刊サティ バックナンバー

今日の一言 バックナンバー

Q&A

リンク集

紹介記事

他のサイトに掲載された
グリーンヒル

(合宿でどんな指導が
なされているのか…)
 ナビゲーションページ

なぜ瞑想すると悩みが消えるの?

  瞑想は心の洗濯

 Tシャツや服が汚れたら、洗濯機で洗います。
 水をはり、洗剤と汚れ物を入れて洗いとススギを繰り返すと、汚れが落ちてきれいになります。
 汚れた衣類を洗濯すると、サッパリと快適に生きることができます。
 身体の汚れは、お風呂に入り、シャワーを浴びてきれいにします。汗や脂でベタベタ汚れたままの体では、気持ち悪くてやっていられません。人間は、毎日汚れる体をきれいにしながら生きていきます。
 さて、心はどうなのでしょう。毎日ただ生きているだけで、心も汚れるのです。
 怒鳴る、貪(むさぼ)る、嫉妬する、ケチる、自己嫌悪、高慢、落ち込み、怠け…。
 悪い想念が頭を通過するたびに、心が汚れていきます。心はエネルギーを放つので、怒りやストレスで胃に穴があいたりします。心が汚れていれば人間関係も仕事もうまくいかないので、苦しみが多くなります。
 瞑想の仕事は、汚れた心を洗ってきれいにすることです。心ひろびろと爽やかに、明るく生きていくための技法です。

  妄想を止める

 人が悩みや苦しみに出会うのは、心が作る妄想に原因があります。
 「Aさんが、あなたのこと、ろくに仕事もできない人だと言っていたわよ…」
 そんなことを聞けば、一日中頭がそのことから離れなくなり、くやしさと怒りが後から後から湧き上がってきます。
 「何ですって!? フザけないで。あの件なら、Bさんじゃない、悪いのは。なんで私のせいなの? それを、私がダメ人間みたいに、言われてる訳ね…。冗談じゃないわよ」
 この怒りを作り出しているのは妄想の力なのです。推測と思い込みと決めつけがいっぱいの妄想で心が汚れていくと、苦しみの原因になってしまいます。
 ヴィパッサナー瞑想をすると、事実のみをあるがままに確認していくので、妄想が消えていきます。妄想がなくなると自動的に欲望と嫌悪が消滅します。それはとてもきれいな心です。ヴィパッサナー瞑想は、心を浄らかにする強力なシステムなのです。
 浄らかな心は、苦しみをよせつけません。

 悟りを開くため!

 ブッダの瞑想は、本来、欲や怒りで汚染された心をきれいにしていく清浄道でした。現在、世界中にさまざまな瞑想がありますが、サマーディ(三昧・禅定)の完成を究極の到達点としているものがほとんどです。
 2500年前にブッダが悟りを開くときに使った方法は、サマーディという名の快楽にハマり込まず、真実相をあるがままに見る観察と智慧の瞑想(ヴィパッサナー)でした。悟りを完成してから45年間、ヴィパッサナー瞑想は「一切の悲しみと苦悩と憂いを消滅させる唯一の道である」と、ブッダは説き続けました。
 この純粋観察の瞑想は,現在の瞬間をとらえるサティ(Sati)の訓練を中心に、「気づき」→「観察」→「洞察」のプロセスを踏みながら、悟りの「智慧」が発現するシステムに心を組み替えていきます。これが清浄道というブッダのやり方なのです。
 頭の中に充満しているイメ-ジと思考の流れが止まり、「あるがままの事象が直接体験されるとき、一切の苦悩から解放される」と説いたブッダの教え(ダンマ)をヴィパッサナー瞑想の実践によって確かめてみましょう。

 では、あらためて・・・ヴィパッサナー瞑想ってどんな瞑想?

 ヴィッパサナー瞑想は、現在の瞬間を捉え続けることによって妄想を捨てていく技法です。
人はいつでも過去か未来のことで頭をいっぱいにしながら生きています。雑念・妄想はどうにも止まらないのです。ところが、一瞬一瞬の現在に心を釘づけにしていくと、その妄想が止まるのです。これをSati(サティ)といいます。現在の瞬間に≪気づく心≫です。
 サティが連続すると妄想の灰かぐらが完全にしずまり、どんな微細な現象も一瞬にして正確に観ることができるようになります。物事の真の姿を、あるがままに、正しく洞察できるのです。その洞察が、仏陀の言われた究極の悟りにつながっていきます。原始仏教では、ヴィパッサナーは涅槃(悟り)を観る唯一の道と伝えられています。


TOP